Innovation Leading Company

ソリューション

Extreme VDXシリーズ

次世代データセンター・ネットワークアーキテクチャ イーサネット・ファブリック対応スイッチ

Extreme Networks

VDXシリーズは、従来のイーサネット・アーキテクチャと比較して高性能、高利用率、高可用性、シンプル化を実現した、次世代ネットワークアーキテクチャ「イーサネット・ファブリック」対応のスイッチです。データセンター、エンタープライズ、通信事業者など、さまざまなネットワークで使用されています。

VDXシリーズラインナップ

VDX 8770

Brocade: VDX 8770

VDX 8770は、優れた拡張性を備えたシャーシ型スイッチです。従来の階層型ネットワークアーキテクチャを解消し、柔軟なネットワーク構築を可能にするExtremeのイーサネット・ファブリック技術「VCS」に対応し、大規模データセンターに最適です。さらに100GbEにも対応できるほか、SDN対応などの機能も提供します。

また、VDX 8770は、VDX 8770-4とVDX 8770-8の2種類を展開しています。

VDX 8770-4

100GbEで最大24ポート、40GbEで最大108ポート、10GbEで最大192ポート

VDX 8770-8

100GbEで最大48ポート、40GbEで最大216ポート、10GbEで最大384ポート
全ポート間は極めて低いレイテンシーを実現

VDX 6740

Brocade: VDX 6740

VDX 6740は、LANポートが10G SFP+タイプであるVDX6740と、10GBASE-TタイプであるVDX6740-Tの2つのモデルがあります。1Uのコンパクトサイズでありながら、新たに40G QSFP+ポートをサポートし、アップリンクポートとケーブル本数を減らすことによりコスト削減が可能です。

VDX 6740

48個の10GbE SFP+ LANポートと4個の40GbE QSFP+アップリンクポートを搭載するモデル
40GbEポートは、4個の10GbEポートへ分岐するブレイクアウト・ケーブルにも対応するため、最大64個の10GbEポートを保持可能

VDX 6740T および 6740T-1G

48個の10GbE 10GBASE-T LANポートと4個の40GbE QSFP+アップリンクポートを搭載するモデル
40GbEポートは、4個の10GbEポートへ分岐するブレイクアウト・ケーブルにも対応するため、最大64個の10GbEポートを保持可能

スペック

VDX 8770

 
VDX 8770-4
VDX 8770-8
ポート間レイテンシー
(64バイト・パケット)
4マイクロ秒未満
本体サイズ
8U
15U
スロット数
4
8
寸法(W×H×D)
43.74cm×34.7cm×60.96cm
44cm×66.2cm×66.04cm
重量
31.75kg/
(フル装備)86.18kg
61.24kg/
(フル装備)165.55kg
1GbE SFP/SFPカッパー・ポート数
192
384
10GbE SFP+ポート数
192
384
40GbE QSFPポート数
48
96
電源数
最大4基
最大8基
冷却ファン数
2
4

VDX 6740

 
VDX 6740
VDX 6740T
スイッチング帯域幅
(データレート、全二重)
1.28Tbps
スイッチ性能
960Mpps
ポート間レイテンシー
850ナノ秒
3マイクロ秒
本体サイズ
1U
寸法(W×H×D)
43.99×4.32×40.99cm
43.74×4.27×53.65cm
重量
8.66kg
10.82kg
1/10GbE SFP+ポート数
最大64
最大16
1/10 GBASE-T
0
48
40GbE QSFP+(※1)
4
10GbEポート・オンデマンド(PoD)
24、32、40、48、56、64
電源
2基、ホットスワップ対応、負荷分散
冷却ファン
N+1冗長、電源に内蔵
N+1冗長、5基のホットスワップ対応ファン・ユニット
通気方向
前面から背面、背面から前面

(※1) 10GbEブレイクアウト・ケーブル対応可能

関連情報