日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ソリューション

e-COOD

Web対応電子帳票システム

日商エレクトロニクス

e-COODは帳票電子化により社内ペーパーレスを実現するとともに、万全なセキュリティ対策による情報管理強化と業務プロセスのワークフロー管理を実現した電子帳票システムです。

概要

あらゆる業界のお客さまに対し豊富な導入実績を誇る電子帳票システムCOODシリーズ。
「e-COOD」は、IT技術の変遷およびお客さま業務要件の変化とともに成長し続け、多彩な業務支援機能を実装しているWeb対応電子帳票システムです。
日商エレクトロニクスでは、1980年代後半より自社開発のもと電子帳票ビジネスに取り組んでおり、長年培ったノウハウをもとにお客さまのニーズに応じた最適なソリューションを提供します。

システム全体概要図

e-COOD: システム全体概要図

お客さまの利用環境に適合したシステムをスムーズに構築

e-COODでは、お客さまの利用環境・規模に応じて「StandardEdition」と「EnterpriseEdition」の2種類から選択可能です。サーバー一括管理による同時ログオンライセンス形態のため、クライアント端末数に関係なく、部門レベルから全社レベルまでお客さまの要望に応じた構成でシステムを柔軟に構築します。
また、e-COODアプリケーションに加え、ITインフラ基盤も含めた総合的なシステム構築支援も手掛けています。豊富な導入実績をもとに、要件に応じたインフラ構築(冗長構成、負荷分散構成、数TB構成など)も提供します。

ポイント

押印帳票も電子化し、完全なるペーパーレスを実現 ~検印承認ワークフロー~

e-COOD: 検印承認ワークフロー

従来、紙ベースでしか対応することができなかった担当者の確認印、上長の承認印などの業務フローが、e-COOD検印承認ワークフロー機能により、電子帳票システム内で完結して操作することが可能なため、業務の効率化、コスト削減を実現します。業務プロセス(進捗状況など)や証跡までもシステム上で容易に管理ができ、業務の正当性や透明性のチェックが可能です。


定型業務で行っていた一連の操作をワンクリックのみで実現 ~業務メニュー~

e-COOD: 業務メニュー

業務担当者が定型業務として毎回実施していた帳票選択、検索方法指定などの操作を業務担当者ごと(個別)にメニュー化することにより、メニューをワンクリックするのみで対象帳票を閲覧することができ、業務負担を軽減します。もちろん管理者から共通メニューを公開することも可能です。


業務で必要となる帳票、文書の統合的な管理を実現 ~イメージ連携ソリューション~

さまざまな法で求められる要件により、帳票および文書管理基盤の改善、より一層の情報管理強化が必須になっています。また、個人情報・機密情報が集約されている帳票・文書をより厳格に管理すべく、「一元管理」が求められています。日商エレクトロニクスでは、電子帳票システム「e-COOD」およびドキュメントイメージ管理システム「N@vi-ID」の長年にわたるノウハウを集約し、業務で必要となる電子帳票・イメージ文書を統合的に管理できるソリューションを提供します。

e-COOD: イメージ連携ソリューション

検索機能

あらゆる帳票に応じた最適な検索が可能 ~多彩な検索機能~

e-COOD: 多彩な検索機能

豊富な検索機能により、帳票に応じた最適な検索方法を柔軟に選択することが可能です。
インデックス検索では、「複数条件検索」「串刺し検索」「名寄せ検索」「マルチ帳票検索」「切貼検索」の機能を有しており、大量データが対象であっても必要な情報を瞬時に検索することができます。

「閲覧必須」(未閲覧督促)機能では、業務上確認しなければならない帳票を一覧化するため、紙から電子帳票化への移行の際に懸念される帳票の見忘れなどの防止が容易に行えます。従来、紙として日々配布(還元)されていた帳票が電子化され、ペーパーレス環境を効果的に実現できます。

作成機能

各社ホスト帳票(プリントイメージ)に加えオープン系帳票の一元管理が可能 ~入力機能~

各社ホストコンピュータのさまざまな帳票データ(プリントイメージデータ)に加え、オープン系システムで作成される「テキスト形式」「CSV形式」「PDF形式」などの帳票データも柔軟に取り込むことが可能なため、同一基盤で全社的な帳票の電子化を実現します。

e-COOD: 入力機能

セキュリティ機能

強固かつ効率的な帳票データの閲覧制限を実現 ~キーセキュリティ機能~

キーセキュリティ機能により、権限に応じて、必要な帳票データのみに絞ったユーザーへの閲覧制御が可能です。
ページ単位に帳票データの閲覧制御を行うため、管理が煩雑となるフォルダ分けや仕分け情報は不要となり、運用管理が向上します。

e-COOD: キーセキュリティ機能

金融機関のセキュリティスタンダードに準拠した認証を実装 ~認証機能~

パスワード有効期限はもちろんのこと、パスワード履歴管理、ログオンロック機能、実績のないユーザーの失効機能など、金融機関の高いセキュリティ水準に準拠した認証機能を実装し、かつ、社内規定に準じた細かなアクセス権限設定により、お客さまの大切な情報を安全に管理します。

管理機能

操作履歴を分析ツールにより効率的に管理可能 ~検索履歴ログ機能~

e-COOD: 検索履歴ログ機能

詳細なアクセスログを管理するとともに、帳票別統計表や時間帯別統計表などのログ分析ツールを提供します。厳格かつ効率的なユーザー動向の管理が可能です。

スペック

商品のスペックの詳細については、下記 スペック詳細ページよりご覧ください。

スペック詳細ページ

関連情報