Innovation Leading Company

Citrixでネットワークの課題を解決!
Citrix ADCによる高速処理・コスト最適化ソリューション

Webサービスの常時SSL化に暗号化対策が欠かせなくなっている一方 ネットワークの動作が重い、接続が切れやすい...といった苦情がユーザーから多発し、対策を迫られる企業が増えています。Citrix製品のご提案・導入は、Citrix国内発注実績No.1(※)の日商エレクトロニクスにお任せください。
※2017年度、2018年度メーカー発注実績

ハイブリッド・マルチクラウド時代におけるアプリケーション配信を最適化する
Citrix ADC・Pooled Capacity


時代の流れはWeb サービスの常時SSL化、解決策は明快だがコストの最適化が課題です。 Citrix ADCの「Pooled Capacity」が解決に導きます。

Pooled Capacity

Citrix ADCをPooled Capacityというライセンス形態で利用することで、 購入したライセンスをオンプレミス、クラウドなどのアプライアンスの提供形態を問わず、 スループットごとに分けて使用が可能になります。
例えば、2台の筐体で別々のサービスを行っている場合、イベントなど によってアクセスが集中しそうな筐体に多くのスループットを割り当て、イベントが終了したら元の配分に戻す といったことが行えるようになります。 そのうえ、スループットの割り当ての変更は、通信を止めることなく行えます。 ハイブリッドクラウドやオンプレミス環境などアプリケーション配信の環境が多様化している中で、 Citrix ADC をサービス需要に応じてデプロイすることできます。

便利な管理ツールADM

Pooled Capacity では、「ADM(Application Delivery Management)」という管理ツールも用意されています。 ADM を使うと筐体の設定やライセンスの管理、SSL サーバー証明書の管理、ADC の管理など機器の設定や状態を GUI で一元管理が可能になります。ビジネスのスピード感も一気にあがるほか、運用管理が容易になりコストの最適化にもつながります。 ADM画面

Office365の問題点もCitrix ADCで解決!


   

こんな課題はありませんか?

  • Office 365導入によってプロキシサーバに想定以上の負荷が掛かり、既存業務/Officeアプリケーションの動作遅延や接続不良の事象が発生
  • プロキシサーバは高価であるため、増設やリプレースが容易ではない
  • 対策を講じたいが大幅な構成変更は行いたくない

プロキシサーバを経由するOffice 365通信の問題点

  • 社内からインターネットへアクセスする場合、プロキシサーバを経由するのが一般的。Office 365通信もSaaSのため、例外なくプロキシサーバを経由する
  • Office 365通信はHTTPSで暗号化されており、またメールやスケジュールなどユーザごとにデータが異なるため、プロキシによるキャッシュの恩恵を受けづらい
  • ユーザの利用方法によっては1ユーザーが十数~数十セッション張るため、既存セッションの数十倍の負荷がプロキシサーバに掛かる

Citrix ADCであればOffice 365通信を制御し、
既存のプロキシサーバの負荷を軽減することが可能!

  • Citrix ADCがOffice 365宛の通信か、それ以外の通信かをFQDN※を元に判断し、Office 365宛の通信だった場合、Citrix ADCが直接Office 365へ通信を転送、既存プロキシサーバの負荷低減を行うことが可能
  • Office 365宛以外の通信だった場合には既存のプロキシサーバへ通信を転送し、プロキシサーバの恩恵(キャッシュなど)を受けることが可能
  • Office 365のFQDNを取得し、スクリプトから振り分けリストを自動更新。不定期かつ膨大な変更を機器に適用する手間を大幅削減可能
※Fully Qualified Domain Name/完全修飾ドメイン名...ホスト名、ドメイン名などをすべてを省略せずに指定した記述形式のこと

Citirx ADCとは

Citrix ADCファミリーは、業界で最高クラスを誇るApplication Delivery Controller(以下、ADC)です。 クラウド環境下での利用や他のCitrixソリューションの組み合わせで、 アプリケーションやサービスのパフォーマンス、セキュリティ、フレキシビリティを高品位に提供するクラウド時代のためのADC製品群です。(詳細についてはこちら)

Citrix ADCならではの柔軟な拡張性

Office 365通信はユーザの使用方法によって必要セッション数が増減するため、事前に正確なサイジングを行うことが難しい。

Citrix ADCなら解決!

Citrix ADCのTriScaleテクノロジーにより、スモールスタートで導入してからパフォーマンスを増強していくことが可能。(TriScaleテクノロジーについてはこちら)

Citrixなら日商エレクトロニクス!国内発注実績No.1

日商エレクトロニクスは、1997年にシトリックスが日本で設立されてから約20年にわたり同社のパートナーとして 市場をリードしてきました。自社で技術サポートセンター(NET FrontierCenter)を保有し、 複数の検証/保守機、各種テスターなどを用意して高品質な導入前検証/保守サポート等を提供しております。 ハイパフォーマンスADCの導入は、充実した環境や豊富な技術ノウハウを有する日商エレクトロニクスにお任せください。
※2017年度、2018年度メーカー発注実績。 2017年度、2018年度Network Sales of the Year2年連続受賞。