Innovation Leading Company

Citrix Cloud
クラウドベースの管理および統合プラットフォーム

Citrix Cloudにより、Citrixのソフトウェアをサービスとして導入し、Citrixテクノロジーの管理が劇的に簡素化されます。どのようなクラウドあるいはインフラ環境であっても、仮想アプリケーション、仮想デスクトップ、データ、デバイス管理、ネットワーキングが、統合されたサービスとして提供されます。デジタルワークスペースの安全な構築および配信を行うための最も迅速で、最も簡単な方法です。

クラウドサービスとしてのXenApp & XenDesktop

Citrixは、長年にわたってMicrosoftとパートナーシップを結んでいます。CitrixとMicrosoftは、Citrix CloudとAzureクラウドプラットフォーム上でワークロードのプロビジョニングと配信を行うことができる、XenApp Essentialsサービス、XenDesktop Essentialsサービスをパブリッククラウドとして提供しています。このサービスはAzure Marketplace経由で販売されています。

CloudサービスとしてのXenApp&XenDesktop

Azureとは? >

従来のクラウドモデルの課題

シンプルに利用できるが、基盤、管理と知的財産を特定のクラウドに委ねなければならない為、ユーザーエクスペリエンスとIT統制が犠牲になりがち。

  • パフォーマンスが心配
  • 選択肢が限定される
  • 経済性が限定される
  • コンプライアンスが限定される
  • コントロールが限定される

Citrix Cloudは、柔軟性・シンプルさとIT統制を両立

管理はクラウド側が行う(Citrixによる運用)
  • 統一的なユーザーエクスペリエンス
  • コンソール/ログインの統一
  • サービス統合
  • 自動アップデートデータと知的財産はどこに置いてもよい(顧客による運用)
  • コンプライアンスが向上
  • セキュリティが向上
  • データ管理が向上
  • 経済性の選択肢が増える
  • パフォーマンスも自らコントロール

Citrix Cloudのアーキテクチャー

Citrix Cloudでは、Citrix製品に必要な管理プレーン(サービスを提供するコンポーネント)はクラウド提供され、リソースロケーション(利用するユーザー環境)をオンプレミスもしくは他のクラウドサービス上に構築することで、それらが連携してシステムとして利用します。

Citrix Cloudのメリット

サービスの
迅速な立ち上げ

リモートアクセス
デモおよび価値実現の時間短縮、新サービスの速やかな導入、既存のサービスフットプリントの拡大

最適なインフラの選択

セキュアブラウザ
経済性、性能、コンプライアンス、技術のニーズに応じて、お客様のもの、パートナーのもの、他社のものにかかわらず、あらゆるインフラを選択可能

クラウドへの移行支援

MDM
オンプレミス → ハイブリッドクラウド / パブリッククラウドへのカスタマージャーニーの支援

IT呪縛からの解放

クラウドサービス連携
「守りのIT」の検討、管理、運用から解放され、デジタル・トランスフォーメーションなど、「攻めのIT」に時間を使う事が出来る

サブスクリプション制のカスタマーサービス

Citrix Cloudは、ユーザーごとの年間契約で販売されます。パッケージごとにさまざまなコンポーネントサービスが提供され、お客様は資産を持たず、その期間に必要なものだけを購入することができます。今後、XenApp、XenDesktopだけでなく、Citrixのすべての製品がラインナップされていきます。