Innovation Leading Company

Blue Coat
ProxySG 関連製品

Blue Coat ProxySGシリーズの関連製品をご紹介します。

Blue Coat Director

Blue Coat Directorは、Blue Coat ProxySGシリーズ「Secure Web Gateway」のためのスケーラブルな変更管理、構成管理、ポリシー管理を提供します。スケーラブルな管理アプライアンスとして開発されたDirectorは、管理のコストを削減すると同時に、管理の複雑さというインターネット機器における問題を解消します。管理者にとって、さまざまな場所に分散するリモートのProxySGシリーズ・アプライアンスの集中管理を可能にする強力なプラットホームとなります。構成情報とセキュリティ・ポリシーを、単一の使い易いインタフェースを介し、あらゆるワークステーションからWebブラウザ・ベースで作成し、管理することができます。

ProxySGシリーズに特化した管理ツール

企業は、自社ネットワーク全体に渡ってSecure Web Gatewayを配備し、世界中のサイトに分散する何百にもおよぶProxySGシリーズを管理することが可能です。しかしながら、分散システムやリモート・システムに対する構成の設定やポリシーの更新には、一般的に時間とコストがかかるものです。Blue Coat Directorは、構成、リソース、ポリシーの変更を分散したProxySGシリーズに迅速に反映させるために必須となる管理ツールを企業に提供することで、こういった変更に関する管理タスクを自動化します。

Blue Coat Directorにより得られるメリット

  • 企業全体のポリシー・ベースによる管理の集中化
  • ソフトウエアのアップグレードの自動化
  • 構成情報のバックアップや災害復旧
  • 強力なジョブ・スケジュール管理の自動化
  • 容易なインストールと保守を可能にする管理アプライアンス
  • セキュリティが保証されたGUI、CLIによる、リモート管理
  • ポリシーを集中管理し、それをあらゆるロケーションに適用させる機能
  • あらゆるワークステーションからWebブラウザを使って起動、使用する機能
  • ジョブのステータスと結果をビジュアルに表示するレポート機能

Blue Coat Directorは、今日のWebセキュリティ・インフラに必要となる、変更に対する集中管理とポリシー管理を実現します。

構成管理

構成の標準化、災害からの保護、さらには、Blue Coatの集中監視、制御が可能

ポリシー管理

Webセキュリティとユーザー・アクセスのポリシーの企業全体への配信/同期化が可能

バックアップとロールバック

貴重なリソースに対して、帯域幅に関するポリシーやコンテンツ制御を適用させることが可能

Blue Coat Reporter

Web トラフィックに関するユーザーベースの監視とレポート作成

適切なセキュリティ・ポリシーを作成するためには正しい情報が必要です。Blue Coat Reporterは、ユーザーベースのトラフィックに関するレポート機能を提供します。このレポート機能を利用することで、企業のWebセキュリティ・ポリシーを評価し、ネットワーク・リソースを管理することができます。 Webアプリケーションの利用が増大するにつれて、企業のIT部門はセキュリティの問題に迅速かつ確実に対処するために、定期的に正確な情報収集を行う必要が出てきています。

ネットワークを経由するあらゆるコンテンツ・レベルのトラフィックを監視

Blue Coat Reporterはネットワークを経由するあらゆるコンテンツ・レベルのトラフィックを監視し、ネットワークの安定性、ネットワーク・パフォーマンスや不正使用を特定します。個人ユーザーのレベルでレポートを作成できるため、アクセスしたサイトのタイプ、ダウンロードしたコンテンツ、ビジネスに悪影響を与える可能性のある脅威といった情報を含め、誰がインターネットを不正に使用しているかを簡単に突き止めることが可能です。

Blue Coat Reporterの使用で可能になること

  • 既存のセキュリティ・ポリシーについての評価
  • 発生する可能性のあるセキュリティの問題点をビジネスに影響を与える前に特定
  • 悪影響を及ぼす可能性のあるユーザーの行動のトラッキング
  • ユーザー、MIME/ファイルタイプ、カテゴリ、URL、その他多くの要素に基づくレポートの作成
  • 帯域幅を圧迫するパターンを特定することで、ネットワーク・リソースを管理