Innovation Leading Company

Blue Coat
Symantec CASB

Symantec CASB report
Symantec CASB report 02
    

Blue Coat/Symantecが提供するCloud Access Security Brokers(CASB)です。
CASBでは組織とクラウドサービスをダイレクトに接続するのではなく、CASBを経由して相互接続することで、Visibility(抑止のための可視化)とCompliance(制御のための監査とコントロール)を向上させます。またCASBは、クラウサービス事業者のData Security(暗号化/DLP)とThreat Protection(マルウェア、ランサムウェア対策)を補完・強化します。シャドーITの問題に対するソリューションとしてもフューチャーされています。

Cloud Firstの時代において、データの所有者は自社でキュリティ対策に取り組む必要があります。クラウドサービスを使う利用ユーザーは、事業者に責任転嫁できません。
CASBは、クラウドサービス利用する企業にとって非常に重要なソリューションとなります。

Blue Coat / Symantec CASB利用例/構成例

※他社Proxyを使う場合、APIを使う場合など、Blue Coat / Symantec CASBは柔軟に利用いただくことができます

Blue Coat / Symantec CASBの特長

機械学習とデータサイエンスを活用したスケーラビリティ

Blue Coat / Symantec CASBでは、数多くあるクラウドサービスのリスクを動的に評価しますので、随時対応するクラウドサービスが追加されていきます。またユーザーの行動分析の観点で通常通りの業務の使い方なのか、あるいはマルウェア感染やアカウント乗っ取なのかを比較し、GAP分析をすることでリスクを評価します。

美しく、直感的に理解し利用できる優れたユーザーインターフェイス

他社のCASBのダッシュボード画面と比較して洗練された分かりやすい画面の作りになっております。5W1Hの把握や、ドリルダウン機能によるいま起こっていることを的確に理解することができます。

多角的な情報からクラウドアプリのリスクを分析

  • 企業内で知らずに使われてきたクラウドアプリの特定
  • 各クラウドアプリのリスクレベルの把握
  • どのユーザがどのクラウドアプリを利用しているのか把握
  • ブロックすべきクラウドアプリの特定
Blue Coat / Symantec CASB 多角的な情報からクラウドアプリのリスクを分析

全体的なふるまいに基づき適切なポリシーを制定可能

  • 閾値に基づき怪しいユーザの挙動を検知
  • ふるまいに基づき怪しいユーザの挙動を検知
  • イベント発生順に基づき怪しいユーザの挙動を検知
B全体的なふるまいに基づき適切なポリシーを制定可能

全社的にクラウドサービスは導入していない企業でもCASBは利用されている

全社的にクラウドサービスは導入していない企業でも、部門でクラウドサービスを利用している場合、以下の観点でCASBの利用を検討することを推奨します。

  • 申請をベースした運用が、正しく保持されているか
  • シャドーITが存在しないか

部門ごとやプロジェクトごとなどクラウドサービスを使用している企業では、利用規模に関わらずCASBの導入の検討が増加しています。

Blue Coat / Symantec CASBの拡張性

将来的にはCASBは、User and Entity Behavior Analytics(UEBA)に統合されると予測されております。UEBAの構成要素は、CASB、DLP、SIEM、UBAなどです。例えばCASBによりクラウドサービスに特化した振る舞い検知が可能になります。SIEMにより社内外のログベースの振る舞い検知が可能になります。これにNetwork Trafficも分析対象にすることで UEBAによりユーザーを中心においた多種多様なエンティティから精度の高い相関分析ができ確実性の高い脅威検出と脅威予測が可能となります。Symantec+Blue Coatは、CASB以外のUEBAの要素を含んだポートフォリオを保持しているので拡張性の高いCASBベンダーといえます。

G Suite/Office 365 ご利用企業様限定!
Symantec CASB 評価・無料キャンペーンのお知らせ

      

G Suite/Office 365 ご利用企業様限定で、Symantec CASB(Cloud Access Security Broker)を3週間無償でご利用いただけるキャンペーンを開催いたします。評価にあたって弊社にて導入サポートいたします。詳細はお申し込みページをご覧ください。
お申し込みはこちら >