Innovation Leading Company

RapidMiner
ビジネス課題から展開・共有までを支援する
機械学習プラットフォーム

機械学習プラットフォーム RapidMiner

データサイエンティスト向けの高度さからビジネスユーザーのための簡単さまでカバーした、世界中で使われている機械学習プラットフォームです。ビジネスの課題解決には組織的なデータサイエンスへの取り組みが必要不可欠となります。 RapidMinerは組織の各役割に応じた製品ポートフォリオをご用意しております。


RapidMiner GO

データサイエンティストを待たず、すぐにモデル作成・実行


RapidMiner GOは業務端末へのインストール不要であり、ブラウザからアクセスできるため、誰でも気軽にお使いいただけます。初心者の方でもAutomodel機能を活用して初期モデルプロトタイピングの作業を行うことができます。また、モデルの本番環境導入前にビジネスに影響があるかを計算し、評価できます。RapidMiner GO上で業務担当者がビジネスにインパクトを与えると判断できたモデルやトレーニングデータ、スコアリングプロセスをRapidMiner Studioに共有し、データサイエンティストにモデルの精査をしていただくことが可能です。

RapidMiner Studio

完全な自動化を備えた
包括的なデータサイエンスプラットフォーム

ドラッグ&ドロップの簡単な操作だけで予測モデルを作成できるだけでなく、欠損値や外れ値など、データに問題がある場合の補正作業も容易に行うことができます。ビジュアルもわかりやすいため、組織内へ簡単に説明できるようになっており、データアナリストから専門家まで、データサイエンスチーム全体の生産性向上を実現します。 また、GitHubのRapidMiner Pythonライブラリを介してRapidMinerとPythonを統合することが可能であり、より高度な分析をすることもできます。

RapidMiner StudioはGOの機能(Auto Model)に加えて、Turbo Prep機能があります。

RapidMiner AI Hub (旧RapidMiner Server)

あらゆるスキルの人がコラボレーションし、AIソリューションを作り上げるサポートをします


RapidMiner AI Hubを導入することで、作成したモデルをAPIで提供することができます。機械学習により何らかビジネス効果が見込める業務システムから、 API経由で作成したモデルを呼び出すことで、現行システムの機能にデータ分析結果を反映することも可能です。

また、RapidMiner AI Hub では、日々の業務で扱われている実際のデータで、モデルの精度をリアルタイムに監視することもできます。それにより、常にモデルをメンテナンスすべき状態を逃さず、時代に合ったモデルを使い続けることができます。 Webからアクセス可能なダッシュボードを作成することで、分析結果をビジネスユーザーやビジネスアナリストが自由に確認できます。


RapidMiner AI Hubはオンプレミスでの導入も可能です。個人情報など、重要なデータを外部に出すことなく、機械学習のメリットを享受できます。

Business Data Science Platform as a Service

日商独自のクラウド上でAPI Callできるモデル実行環境を提供可能

一部の事業部や、小規模に機械学習を活用する場合、導入コストや環境の準備などで課題を持つ方が多くいます。日商エレクトロニクスは、オンプレミス環境の提供だけでなく、クラウド上で気軽にモデルを作成する環境と、そのモデルを既存業務システムからAPI Callできるようにする実行環境をそれぞれご用意しているため、機械学習を導入する部署の規模や、お客様が取り扱うデータのセキュリティポリシーなどに合わせて自由に環境を選択できます。また、将来的に今まで扱っていなかった機密情報を活用したい場合、クラウドからオンプレミスへ柔軟に環境移行も可能です。その場合、クラウド、オンプレミス間でモデルの移行もできます。


CRISP-DMに準拠

RapidMinerでビジネス理解から展開・共有までを支援

一般的な製品はCRISP-DMのプロセスのうちデータ準備、モデル作成にフォーカスされております。一方、当社が提供するRapidMinerではプロセスの上流であるビジネス理解から展開共有までのサイクルを網羅しており、お客様のビジネスに効果を与える機械学習を実現いたします。ユーザー企業がデータ分析サイクルを回すことができるため、無駄のないビジネス課題の解決に繋がります。