Innovation Leading Company

データ仮想化統合サービス
データをコピーするのではなく
加工して、最適化して、すぐ繋ぐ

データ仮想化統合サービスとは

データ仮想化技術を活用して、企業がもつ価値あるデータを、仮想的に統合し高い鮮度で分析者に提供するプラットフォームの構築を支援するサービスです。この支援サービスを経て、現在の設備と運用に大きな影響を与えずに、ビジネスで成果を出すための分析に必要となるデータへ簡単にアクセスできるようになっていただきます。

仮想統合によるビジネス価値

自由な視覚ツールの
選択

ユーザー部門の既存投資を保護

一貫性のある
リアルタイムデータ

意思決定に必要な高鮮度データを提供

データ統合
プロジェクト期間

85% 時間短縮

データ分析プロジェクトのジレンマ

データサイエンティストの悩みは、分析以外に掛ける時間のせいで事業部門の要求スピードに応えられないこと。一しかし、それを解決するための手段を誤ると、部門毎にサイロ化された各システム同士の個別連携が乱立し、分析者のためのコピーデータが大量に作られ、IT部門が管理・運用しにくい状況が生まれ、参照データの鮮度が落ちるという悪循環に陥ります。

データ分析プロジェクトのジレンマ
●コピーデータに物理資源追加
●肥大化したデータソース
●欲しいデータを探してコピー
●古いデータソースで分析
●部署毎にクラウドサービス利用
●情報鮮度が低い分析モデル

柔軟な論理データファブリックの提供

論理的な統合ではデータコピーは行いません、そのため追加のデータストレージは不要です。またアクセス先は常に最新のデータに保たれています。統合されたデータを俯瞰して、思う存分ビジネス成果を生むためのデータ分析だけに時間を費やすことが可能となります。

柔軟な論理データファブリックの提供