Innovation Leading Company

DDoS Solution Community 2017 開催報告

2017年8月31日

DDoS Solution Community 2017 開催報告

日商エレクトロニクス、Arbor Networks社共催で行われたイベント

2017年8月22日、東京ミッドタウンにて、「DDoS Solution Community2017」が開催されました。本イベントでは、基調講演の講演者として、Arbor Networks社の名誉アドバイザーの名和様をお迎えし、DDoS攻撃の最新の脅威についてご講演をいただきました。その他、Arbor製品の最新情報や、ユーザー講演も行われました。

Arbor Networks_DDoS Solution Community 2017

【基調講演】「経済的利得目的に変容するDDoS攻撃」
Arbor Networks社 名誉アドバイザー 名和 利男 様

Arbor Networks_DDoS Solution Community 2017
Arbor Networks_DDoS Solution Community 2017
名和様のセッションでは、最近増加しているランサムDDoS攻撃についてご講演をいただきました。

「ランサムウェア」は、日本でも有名ですが、「ランサムDDoS」は、日本ではきちんと定義がされていません。「ランサムDDoS」は、攻撃先に対して少量の攻撃を送って、攻撃の危機感を持たせたうえで、さらに大きな攻撃を仕掛ける旨、脅迫メールを送ります。脅迫メールの内容は、Bitcoinで数十万~数百万の支払いをもとめるものです。

実際にお金を払ってしまうと、さらにつけこまれるケースがあります。一方、お金を払わなかった場合に、実際に攻撃を受けるケースがあります。

本セッションでは、世界で実際に発生した様々な攻撃事例をご紹介いただきました。これらの攻撃への備えとして事前に①レスポンスプランの策定と予行訓練②DDoS対策ソリューションの導入③代替ネットワークの確保の3つが重要であり、また、事後の対応として①迅速なネットワークの切替、②公的機関への相談、③セキュリティ専門家からの助言の獲得が重要であることをお話されていました。

「Arbor Networks社 製品ロードマップ」
Arbor Networks社 SEマネージャー 佐々木 崇 様

佐々木様のセッションでは、Arbor SP/TMS、APS、Arbor Cloudに関してのロードマップ情報についてご講演を頂きました。

佐々木様は、"Arbor Cloudは、2017年末にむけて日本にスクラビングセンターを立て、現状2Tbps のキャパシティを拡張し、8Tbpsにまで拡張を予定しています。"と発表。参加されていたお客様の興味を引いていました。

また、新機能として「SP Insight(フローデータを蓄積する機能)」や「Flowspecを利用した各種機能」についてご紹介を頂きました。

詳細についてお知りになりたい際は、以下お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから >
Arbor Networks_DDoS Solution Community 2017

【ユーザー講演】「SP/TMSとの付き合い方」

Arbor Networks_DDoS Solution Community 2017
今回は、Arbor SP/TMSを実際にお使いのお客様にご登壇を頂き、「設計、運用に苦労された点」や、「お役立ちツール」に関して、ご講演をいただきました。

はじめに苦労されたポイントは「Boundary(境界)の設定」です。多くのお客様は、上位とネットワークとの接続部分をBoundaryに設定しますが、自社網内のユーザー同士が攻撃をした場合に対応ができません。

講演では、自社網内のユーザー同士の攻撃に対応するための設定を試行錯誤されながら対応されたことをお伺いすることができました。また、設計構築時に苦慮されたポイントのご紹介とともに、利用すると便利なコマンドや、情報収集のやり方など、他のユーザー様にとっても非常に参考となるご講演でした。

懇親会の様子・今回のイベントを通して

Arbor Networks_DDoS Solution Community 2017
ご参加いただきました方々との懇親会を、東京ミッドタウン懇親会会場にて行いました。
当社代表取締役の岡村もご挨拶をさせて頂きました。岡村CEO曰く「2020年の国際的なスポーツの祭典に向け、1社だけが対策をすればよいというものではない。皆さんと我々が一丸となってDDoS攻撃対策の脅威に立ち向かっていく必要がある。本イベントは、そのきっかけとなりますと幸いです。」との強いメッセージを出させて頂きました。

懇親会では、お客様同士の積極的な情報交換が行われており、今後の「あるべきDDoS攻撃対策」について活発な情報交換が行われていました。