Innovation Leading Company

ソリューション

Airmux5000

Airmuxシリーズのうち、1対N(Point to MultiPoint)の
無線通信を利用するときに役に立つ、Airmux5000シリーズ。
固定設置される子局と最長20kmの通信を実現します。

RAD Data Communications

Airmux5000は1対Nの無線通信を構成するときに使用します。
1台の基地局と最大32台の子局との通信を、1つのチャネルだけで構成が
可能なため、チャネルが限られる4.9GHz帯を有効にご活用頂けます。

Airmux5000シリーズ概要

 <主な特徴>

 ・1対Nの通信を行う場合に使用します。
 ・基地局は最大32台の子局との通信が可能です。  
 ・基地局は上り/下り合わせて最大250Mbpsの通信が可能です。
 ・子局はモデルによって10Mbps~50Mbpsの通信が可能です。
  (オプションで最大100Mbpsの通信まで可能です。)  
 ・基地局は1つのチャネルで、複数の子局と時分割通信を行います。   
 ・メーカ専用PoEインジェクタによりネットワーク経由で給電します。   
 ・基地局は最大120度以内に位置する子局との通信が可能です。

 ・固定設置された子局との通信に最適です。





Airmux5000シリーズ ラインナップ一覧

 親局(センター側)の構成

 子局側の構成




Airmux5000シリーズ アンテナ ラインナップ一覧




Airmux5000シリーズ 利用シーン

カメラ映像・計測データ用ネットワーク


<カメラ映像や計測データ収集用のネットワーク>
  ・Airmux5000は広範囲に散在する監視カメラ映像や各種計測器の
  データを、1つのチャネル帯域で効率よく収集が可能です。
 ・時分割通信により、各子局との通信速度を安定的に保つことが
  可能です。
 ・見通しがとれていれば約20kmまで通信可能です。
  
<ご利用例>
 ・監視カメラ映像の集約回線としてご利用頂けます。
 ・風速計・水位計・モニタリングポストなど、計測機器データの
  集約回線としてご利用頂けます。



地方自治体様での利用シーン


<防災対策用バックアップ回線>
 ・子局ごとに通信時間を割り当てる機能や、天候に左右されづらい
  周波数帯を利用している点で、長距離でも安定した無線通信を
  実現できます。
 ・そのため災害時のバックアップ回線として公共施設間で利用
  頂く場合が御座います。

<ご利用例>
 ・災害発生時、既設有線ネットワークの回線切れに備え、避難所など
  の公共施設と庁舎を結ぶバックアップ回線として
 ・水門・樋門・陸閘などの遠隔監視・制御用ネットワークのバック
  アップ回線として

 






Airmux5000シリーズカタログ

ダウンロード















Airmux TOPページへ戻る

関連情報