Innovation Leading Company

Use Case

サービス活用例

住所コードはモバイル・WEBアプリケーションと連携し、各社サービス申込み時のユーザー入力補助を始め様々な業務シーンで活用が可能です。

モバイル・WEBアプリの住所入力補助

モバイル・WEBアプリの住所入力補助
各社のモバイル・WEBアプリと連携し、申込書や申請書などお客様の住所情報の入力を支援いたします。
各企業のアプリケーションに当社の住所検索APIサービスを連携することで、お客様の住所入力の負荷を軽減することは勿論、入力内容を正確かつ均一にすることで、後続の事務処理を円滑にし、お客様へいち早くサービス提供を行うことが可能です。

住所関連事務システムの基盤

新規住所登録、住所変更、住所文字列確認、住所存在確認、郵便番号検索など企業が行う煩雑な住所関連事務へ適用が可能です。
既存システムで住所情報を参照したり、住所から郵便番号を付与するバッチ処理システムの代用として本APIを活用することが可能となります。
これにより、従来システムで必要であった住所関連ソフトに掛かる導入費用、システム更改費用など莫大な初期コストを変動費化することが可能となり、コスト削減に寄与します。
住所関連事務システムの基盤

各種システムの住所情報メンテナンス

各種システムの住所情報メンテナンス
お客様の住所管理や設備の所在住所の管理など、業務に応じて構築されているサブシステムの住所をメンテナンスし、最新の住所を反映したクリーンな情報として効率的にデータを保全することが可能です。
市区町村の統廃合などにより住所情報は常に変更されており、情報劣化を防ぐため定期的なメンテナンスが必要です。
本サービスの住所マスタが持つ最新の住所情報を活用し、基幹システムのみならず各社のサブシステムで必要な住所メンテナンスの要件に活用することが可能です。

申込み内容不備時の再送内容個別チェック

お客様からの申込みに不備があった際の再送内容の住所をチェックし、不備対応チームの個別確認ニーズに対応できます。
不備対応チームが日々対応する確認業務において、住所情報不備時の再送内容個別確認時、本サービスの提供する個別照会用検索画面を使用して、最新の住所情報のチェックを行うことが可能です。

申込み内容不備時の再送内容個別チェック

金融など業界で求められる個人情報管理の負荷軽減

金融など業界で求められる個人情報管理の負荷軽減

住所検索API(住所コードバージョン) は、一般に公開されている郵便番号データではなく、全国の住所地名を調査収集し独自のノウハウでデータベース化した「住所コードファイル」を参照するサービスです。
犯罪収益移転防止法の改正により、金融業務を中心に、本人確認業務 は煩雑化、現場部門に確認負荷がかかっています。
これらの住所確認時に住所検索APIがもつ最新の住所情報とマッチングすることで、現場部門の業務負荷を軽減することが可能です。

 
住所コードファイルとは?
企業の住所管理業務で最も採用されているデータベースです。
金融機関でのお客様の個人情報管理におけるガイドラインへの対応や、本人確認処理で必要となる公称住所などに対応することが可能となります。

公的照会における住所確認業務

各自治体などから寄せられる公的照会時の煩雑な住所確認業務に本サービスを活用し、業務を効率化することが可能です。
本業務では照会対象データと各社の顧客データを突合し、ヒットした対象に対し照会元情報と顧客データの住所確認作業を行っています。
住所確認時に本サービスの住所情報を活用し、確認業務を効率化することが可能です。
公的照会における住所確認業務

エリアマーケティング・統計分析

エリアマーケティングや統計分析へ活用
住所情報と地図情報を連携しエリアマーケティング分析に活用したり、住所コードでお客様が保有する住所を住所コード単位に集計し、人口統計などの統計データや各種オープンデータと比較することで、統計分析することが可能です。
地域ごとの顧客セグメント時に体系化された最新の住所コードを活用することで、都道府県や市区郡、町村など細部のエリア別に高精度な分析が行えます。
また当社の提供する予測分析プラットフォームと組み合わせることで、各社の過去実績をもとに多角的な分析を行うこともできます。