Innovation Leading Company

日商エレ、ICTインフラに隠れたサイバー攻撃を可視化する「潜伏脅威診断サービス」を提供開始

PDF版(832KB)

2018年8月14日
日商エレクトロニクス株式会社

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下、日商エレ)は、ICTインフラに隠れたサイバー攻撃を可視化する「潜伏脅威診断サービス」を8月14日に提供開始します。


サイバー攻撃の高度化により、もはや攻撃者の侵入を完全に防ぎきることは困難であり、対策の焦点は従来の「如何に攻撃者に侵入させないか?」から「攻撃者の侵入を前提にどのように対処するか?」に移ってきています。そのため、潜伏した脅威に気づき、対策を講じることは、企業にとってますます重要性を増しているにもかかわらず、実行にあたっては高度なノウハウを持った人材が必要、運用負荷の高いソリューションが必要であるなどの課題が重く企業にのしかかっています。


「潜伏脅威診断サービス」は、日商エレが国内唯一の代理店として販売するVectra Networks社製 Xシリーズを活用し、お客様に代わって企業インフラ内に潜伏した脅威を調査/診断します。LAN内トラフィックを一定期間モニタリングし、隠れたサイバー攻撃などを可視化します。専門のセキュリティアナリストが監視結果を分析の上、対策の提案を含めた診断レポートを提供します。お客様は、「潜伏脅威診断サービス」により、適切なセキュリティ強化策の検討および実行が可能になります。


参考価格(1回あたり)

75万円(税別)~ ※スポットでご利用いただけます


目標の導入件数

20件(2018年度)、50件(2020年度)


サービスの概要

サービスの概要

「潜伏脅威診断サービス」は、クライアントレスで動作するVectra Networks社製品を用いることで、お客様のインフラ環境へ与える影響を最小限にLAN内に存在するホストやそのOSの種類に関わらず潜伏した脅威を診断することができます。その上、10Gポートでのモニタリングにも対応、トラフィック量の多い環境でも対応可能です。すでに実地検証(POC: Proof Of Concept)を行った複数企業では、すべてのケースで1~8件の潜伏脅威が検出され、レポート内容とその効果に高い評価をいただいています。


関連リンク



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
※記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。

お問い合わせ先

サービスについて
ビジネス・プラットフォーム部門 セキュリティ本部
セキュリティサービス部 大矢
TEL: 03-6272-3980
E-mail: cyber_security@nissho-ele.co.jp
ニュースリリースについて
コーポレート本部 経営企画部 広報担当 田中(知)
TEL: 03-6272-5014
E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp

関連情報