Innovation Leading Company

日商エレ、双日向けにデジタルレイバー環境を導入

RPAで双日グループのSAPや紙処理を含む業務効率化を実現

PDF版(834KB)

2018年7月3日
日商エレクトロニクス株式会社

双日

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下、日商エレ)は、双日株式会社(以下、双日)にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を利用したデジタルレイバー環境を導入しました。 双日では、双日グループにおけるデジタル改革や新技術活用による全社の業務効率向上に取り組む専任組織、ビジネスイノベーション推進室が主体となり、2017年よりRPAの検証を進め、2018年4月より本格運用ステージに移行しました。 日商エレと双日は、双日単体だけでなくグループ全体の業務効率化を推進します。


今回、双日がRPAで自動化する業務には、輸出入業務や契約管理におけるSAPへの入力などが含まれます。 また、紙を利用した業務の自動化についてもABBYYジャパン社のAI-OCR(AI技術を活用した光学文字認識)製品「ABBYY FlexiCapture」を利用した検証を同時に行っています。 実用化が確認できれば、RPAツールの「Blue Prism」とAI-OCRの「ABBYY FlexiCapture」を本格利用する国内初の先進事例となります。


双日がRPAの導入において重視したポイントは以下の通りです。



  1. 拡 張 性 : 会社単位でなくグループ全体で利用できること
  2. 管 理 性 : ロボットの実行ログが残り、動作を追跡できること
  3. 内部統制: 内部統制へ準拠し、無秩序なロボットの開発・実行ができないこと
  4. 技  術: 技術的なサポートが得られやすいこと

日商エレは、「デジタルレイバーコンサルタント」と「RPAエンジニア」を派遣。 双日社内のRPAチームの一員として、同社の業務プロセス定義とロボットの開発、運用管理をしています。



  1. デジタルレイバーコンサルタントによる運用ルールの整備とRPAを前提とした業務再構築
  2. 「Blue Prism」と「ABBYY FlexiCapture」によるデジタルレイバー環境の構築(システム構築)
  3. ロボット開発を支えるRPAエンジニアの派遣
  4. 関係者に対する「Blue Prism」のトレーニング
  5. ロボット台帳管理を利用した運用支援

双日 鈴木様にコメントをいただいております。


双日株式会社 執行役員 物流統括、ビジネスイノベーション推進担当 鈴木 義人様

双日株式会社は、日商エレクトロニクス株式会社とのRPAを利用したデジタルレイバー環境の導入に関する協業を心より歓迎いたします。 従来のサービス提供に加え、先進的なAI-OCRの取り組みは、これまで以上に多くの企業にデジタルレイバーを身近なものにさせると確信しています。
双日株式会社は、当社単体、グループ会社へのデジタルレイバー拡大により、業務効率化・生産性向上による働き方改革推進に加え、最適な人材配置を図ることにより、全社員が異なる強みを活かしていきいきと活躍し、新たな発想・挑戦でイノベーションを実現することを期待しております。


RPAマスコット

日商エレのデジタルレイバーサービスについて

日商エレは、RPAの先駆者であるBlue Prism社、AI-OCRのグローバル・リーディングカンパニーであるABBYYジャパン社とそれぞれ協業をしています。
RPAとAI-OCRにより産み出されるソフトウエアのロボットを労働力(デジタルレイバー)として安全に戦力化させるサービスを提供します。
https://www.nissho-ele.co.jp/solution/digital_labor/index.html

日商エレの5つのデジタルレイバーサービス

① デジタルレイバーコンサルティングサービス
ヒトとデジタルレイバーが一緒に働ける環境を実現するためのノウハウを提供。RPA化、AI-OCRの業務適応可否判断や、デジタルレイバーの活用を前提とした業務の再設計、運用ルールの整備(ガイドライン策定)を支援します。
② RPA・AI-OCRインテグレーションサービス
お客様のニーズに合わせ、最適なソリューションを組み上げるマルチプロダクトのシステムインテグレーションサービス。各種RPAツールとAI-OCRの連携をインフラ設計と併せて提供します。
③ ロボットファクトリーサービス(人材派遣)
ロボット製作のスキルを持った人材をお客様先に派遣し、顧客サイトでロボット製作、AI-OCRの導入支援を提供します。また、業務委託としてお客様よりロボット製作を支援するメニューもあります。
④ RPA教育サービス
お客様ご自身がRPAを利用したロボット製作をするための教育サービスです。また、AI-OCRを利用した非定型帳票の読み取りなどについてのトレーニングも提供します。
⑤ ロボット台帳管理サービス
ロボットの役割や所属、エラー時の緊急連絡を管理するロボット管理台帳を提供。

日商エレクトロニクス株式会社について

日商エレクトロニクス株式会社は、「Innovation-Leading Company」として、ネットワークからサイバーセキュリティ、コンピューティング、業務プロセス改善まで幅広い分野で、次の社会・ビジネスを見据えた新たなイノベーションを創出しています。"Your Best Partner"としてお客様のビジネスに寄り添い、ICTを通じてお客様のビジネス成果に貢献する「B4B(Business For Business)」を目指しています。
https://www.nissho-ele.co.jp/index.html


双日株式会社について

双日株式会社は、それぞれ長い歴史を持つニチメン株式会社、日商岩井株式会社をルーツに持ち、150年以上にわたって多くの国と地域の発展を、ビジネスという側面からサポートしてまいりました。現在も国内外約400社の連結対象会社とともに、世界の様々な国と地域に事業を展開する総合商社として、幅広いビジネスを展開しています。
https://www.sojitz.com/jp/



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
※記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。

お問い合わせ先

本事例について
デジタライゼーション事業本部 デジタルレイバー推進室
青木 俊
TEL: 03-6272-3022
E-mail: rpa-sales@nissho-ele.co.jp
ニュースリリースについて
コーポレート本部 経営企画部 広報担当 田中(知)
TEL: 03-6272-5014
E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp

関連情報