Innovation Leading Company

日商エレ、BPO運用管理システム「Baton Pass」6/26に販売開始

人員配置シミュレーションと案件ごとの採算管理

PDF版(979KB)

2018年6月26日
日商エレクトロニクス株式会社

Vectra Networks

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下、日商エレ)は、BPO事業における進捗、スタッフ、採算という3つの課題を一つのシステムで運用管理できるソフトウエアパッケージProcess & Staff Management System 「Baton Pass」(バトンパス)を6月26日より販売開始します。

日商エレは、採算が取れるBPO案件には効率的なスタッフ配置が課題であるというお客様の声を受け、この度、進捗管理とスタッフ管理を一元で行えるBPO運用管理ソフトウエアを開発しました。

日商エレは、ワークフローシステム、スキャナー、AI-OCR、エントリーシステムといったBPO事業に必要な製品ラインナップにこの「Baton Pass」を新たに加え、BPO事業者や金融機関バックオフィス向けにお客様のBPO事業を支援してまいります。
Process & Staff Management System 「Baton Pass」

3つの課題の「見える化」で、より適正な人員配置と採算をシミュレーション

フロー図

  1. 進捗管理の「見える化」
    スタッフがQRコードをタブレットで読ませて各工程の開始、終了を登録するので、仕分けなどシステム化されない手作業も管理者が各工程の進捗をリアルタイムで確認でき、どの処理にどのくらい時間がかかっているのかを把握することができます。

  2. スタッフ管理の「見える化」
    属人化しがちな人員配置は、各工程に定めたスキルレベルや処理予想時間といった条件に合わせて「Baton Pass」がシミュレーションします。シミュレーション結果を必要に応じて管理者が調整し、勤務シフトを完成させます。案件やスタッフの稼働実績はMicrosoft® Excel®に出力できるので、「Baton Pass」に登録している工程処理予想時間やスタッフのスキル情報を実態に近づけることで、より適正な人員配置シミュレーションが可能となります。

  3. 採算管理の「見える化」
    案件ごとに予測される受注件数と単価、原価を登録することにより事前に採算をシミュレーションできます。案件の採算実績は、シミュレーション値と実績値が表とグラフの形で出力されるので、不採算案件の効率化に役立てることができます。

販売価格

基本構成(1データベース+同時アクセス10ライセンス):\6,000,000(定価)、年間保守料\900,000
追加クライアントライセンス: \100,000/台、年間保守料\15,000/台



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
※記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。

お問い合わせ先

製品について
エンタープライズ部門 エンタープライズ事業本部
第三営業部 友崎、千葉
TEL: 03-6272-5043
E-mail: bp-sales@nissho-ele.co.jp
ニュースリリースについて
コーポレート本部 経営企画部 広報担当 田中(知)
TEL: 03-6272-5014
E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp

関連情報