Innovation Leading Company

日商エレ、RPAテクノロジーズ・ABBYYジャパンとRPAおよびAI-OCR分野で協業を開始

「RPA」と「AI-OCR」を活用したデジタルレイバーサービスを提供開始

2018年2月5日
日商エレクトロニクス株式会社
RPAテクノロジーズ株式会社
ABBYYジャパン株式会社

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下日商エレ)は、RPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下RPAテクノロジーズ)およびABBYYジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市港北区、日本統括シニアディレクター:小原 洋、以下ABBYYジャパン)との協業を開始、RPAおよびAI-OCR分野におけるサービスを提供します。


日商エレは、注目を集めるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で国内トップシェアを誇るRPAテクノロジーズ、AI-OCR(AI技術を活用した光学文字認識)のグローバル・リーディングカンパニーであるABBYYジャパンとそれぞれ協業を開始。RPAとAI-OCRにより産み出されるソフトウエアのロボットを労働力(デジタルレイバー)として安全に戦力化させるデジタルレイバーサービスを本格展開します。
RPA分野においては、RPAテクノロジーズが展開する「BizRobo!」シリーズの「Basic Robo!」に加え、同分野の世界的企業であるBlue Prism製品の取り扱いを開始します。
AI-OCR分野においては、ABBYYジャパンと協業し、同社が取り扱うAIをベースとした次世代文書処理ソフトウエア「ABBYY FlexiCapture」とその関連製品の取り扱いを開始します。


日商エレ社内において、昨年11月より「Basic Robo!」と「ABBYY FlexiCapture」を実環境で活用し、業務の自動化を実現しています。たとえば、それまで年間400時間ほど要していた請求書のチェック作業を、RPAとAI-OCRを活用することで自動化し、社員の業務時間を約90%削減しています。また、業務の自動化にあたり、作成されたロボットを労働力(デジタルレイバー)と見なし、運用ルールのガイドライン制定やロボットの台帳管理、エラー検知などを行う管理体制の整備に取り組んでいます。


日商エレは、RPAとAI-OCRを活用したデジタルレイバーサービスを初年度20社に導入することを目指し、デジタルレイバーコンサルタントを中心とした専門チームを発足します。


(※)日商エレが展開する5つのデジタルレイバーサービス

① デジタルレイバーコンサルティングサービス
ヒトとデジタルレイバーが一緒に働ける環境を実現するためのノウハウを提供。RPA化、AI-OCRの業務適応可否判断や、デジタルレイバーの活用を前提とした業務の再設計、運用ルールの整備(ガイドライン策定)を支援します。
② RPA・AI-OCRインテグレーションサービス
お客様のニーズに合わせ、最適なソリューションを組み上げるマルチプロダクトのシステムインテグレーションサービス。各種RPAツールとAI-OCRの連携をインフラ設計と合わせて提供します。
③ ロボットファクトリーサービス(人材派遣)
ロボット製作のスキルを持った人材をお客様先に派遣し、顧客サイトでロボット製作、AI-OCRの導入支援を提供します。また、業務委託としてお客様よりロボット製作を支援するメニューもあります。
④ RPA教育サービス
お客様ご自身がRPAを利用したロボット製作をするための教育サービスです。また、AI-OCRを利用した非定型帳票の読み取りなどについてのトレーニングも提供します。
⑤ ロボットメンテナンスサービス(4月リリース予定)
エラー検知によるロボットの故障をお知らせするとともに、ロボットの仕事内容を管理するサービスを提供します。

また、デジタルレイバーサービス開始にあたり、RPA×OCRのデモを交えたセミナーを開催いたします。過去の失敗事例からRPA運用を定着させるノウハウを紹介する実践的なセミナーとなっております。

(※)RPA失敗事例に学ぶ、RPA運用定着ノウハウ実践セミナー

名 称:RPA失敗事例に学ぶ、RPA運用定着ノウハウ実践セミナー
    ~国内初公開!ロシア発「ABBYY社」によるRPA×OCR連携デモ紹介~
日 時:2018年2月21日 14:00~16:30(受付:13:30~)
場 所:ベルサール東京日本橋ルームJ
定 員:100名
セミナーお申込みURL:https://rpa-bank.com/event/6290/

日商エレクトロニクス株式会社について

日商エレクトロニクス株式会社は、「Innovation-Leading Company」として、ネットワークからサイバーセキュリティ、コンピューティング、業務プロセス改善まで幅広い分野で、次の社会・ビジネスを見据えた新たなイノベーションを創出しています。"Your Best Partner"としてお客様のビジネスに寄り添い、ICTを通じてお客様のビジネス成果に貢献する「B4B(Business For Business)」を目指しています。
https://www.nissho-ele.co.jp/index.html

RPAテクノロジーズ株式会社について

RPAテクノロジーズは2013年7月の設立以前より、約10年にわたり、ホワイトカラー向けのロボットビジネスを展開し、銀行や保険、流通・小売、情報通信業界など幅広い業界の200社を越える企業に、25,000体以上のロボットを提供している国内RPAのリーディングカンパニーです。RPAのベーステクノロジーとなる「BizRobo!」に加え、「Blue Prism」「NICE」「Openspan」「UiPath」など海外の代表的なRPAツールの導入コンサルティングから、技術開発、保守・運用、新規事業開発まで様々なサービスをワンストップで提供しています。
http://rpa-technologies.com/

ABBYYジャパン株式会社について

ABBYY はインテリジェントキャプチャのグローバルリーダーであり、業務改善の実現をテーマに掲げ、情報、データを活用する分野における革新を推進します。ABBYYの提供する広範なAIベースのテクノロジーとソリューションにより、ビジネス文書とコンテンツを真のビジネス価値へと変革します。デジタル・トランスフォーメーションのソリューションを金融サービス、保険、運輸、ヘルスケアやその他業種へ提供し、顧客理解を深め、迅速なリアルタイムなインテリジェント・システムにより、企業を次の成長ステップへと導きます。ABBYYのAIソリューションが持つフレキシビリティにより、カスタマーは幅広い種類の先端テクノロジー、プラットフォーム、ソリューションを活用し、仕分け、テキストアナリティクス、データ抽出、データ検証などを様々な入力チャネル、フォーマットに対して実現することができます。ABBYYのテクノロジーは、数々のグローバル大企業や政府機関のみならず、SMB、個人にも多く利用されております。同社はオーストラリア、カナダ、キプロス、フランス、ドイツ、日本、ロシア、スペイン、台湾、UAE、英国、ウクライナ、米国の各国に拠点があります。
ABBYYについては、https://www.abbyy.com/ja-jp/company/をご覧ください。

お問い合わせ先

本協業について
日商エレクトロニクス株式会社
ビジネスソリューション事業本部 企画開発室 青木(俊)
TEL: 03-6380-8119
E-mail: rpa-sales@nissho-ele.co.jp

ニュースリリースについて
日商エレクトロニクス株式会社
ビジネスサポート部 広報担当 田中(知)
TEL: 03-6272-5014
E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp
RPAテクノロジーズPR事務局(イニシャル内)
青山・福田・松井
TEL: 03-5572-6062
FAX: 03-5572-6065
E-mail: RPA_Technologies@vectorinc.co.jp

関連情報