日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

米国Vectra Networks社との国内初の代理店契約締結のお知らせ

2017年1月18日

日商エレクトロニクス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下、日商エレ)は、米国Vectra Networks社(ベクトラネットワークス社)と、昨年11月に国内で初めて販売代理店契約を締結したことをお知らせします。日商エレは、同社のサイバーセキュリティ内部可視化ソリューションの提供を昨年9月より開始しており、すでにご活用いただいている企業様がいらっしゃいます。
Vectra Networks Xシリーズ


企業ネットワークには、未知のサイバー攻撃にさらされるリスクが潜んでおり、近年、大きな問題となっています。Vectra Networks社 Xシリーズでは、キャンパスネットワーク、データセンター、クラウドなど、内部トラフィックを、人工知能機能を用い継続的に監視することで、隠れたサイバー攻撃を自動抽出します。


また、攻撃を受けているホストと脅威情報を自動的に関連付け、攻撃者の実際の動きをレポートし、最も大きなリスクを引き起こす脅威に優先順位を付けます。 このため、管理者は、データ漏えいなどの損害の防止・軽減に時間と労力を集中させることができます。
加えて、本製品は、インテリジェントファイアウォール(※1)、エンドポイントセキュリティ(※2)、ネットワークアクセス制御(※3)を統合し、お客様の既存のセキュリティ基盤に強力な付加価値を提供します。また、SIEM(※4)、フォレンジック分析ツール(※5)と連携させることで、運用効率を向上することもできます。

(※1)インターネットと企業ネットワークの境界に設置され、不正侵入や外部への不正通信の防御などを行うセキュリティ対策
(※2)サーバー、PCなどのネットワーク末端を守るためのセキュリティ対策
(※3)ネットワークリソースの利用を、定められたセキュリティポリシーに準拠したデバイスだけに限定し、社内ネットワークのセキュリティを強化する対策
(※4)Security Information and Event Management: さまざまなネットワーク機器やサーバーのログを一元管理し、それらを基に脅威を検知する新しいシステム
(※5)フォレンジック(Forensic):「法廷の」「裁判に関する」といった意味を持つ形容詞。ITの分野では、企業内部での不正行為や外部からの不正アクセスがコンピュータやネットワークに残した痕跡を保全、解析し、法的証拠を見つける手法

Vectra Networks社について

Vectra Networks社は、日々進行するサイバー攻撃の脅威をリアルタイム検出する自動脅威管理ソリューションのリーダー企業です。同社のソリューションは、攻撃を受けているホストと脅威情報を自動的に相関し、独自のコンテキストを提供することにより、企業が受けるサイバー攻撃の損失を迅速に防止、または 軽減することが可能です。また、ビジネス上のリスクが最も高いと判断される攻撃については、優先順位をつけその調査対象を絞り込むことにより、調査に要す時間と人的労力の集中と効率化を図ることが可能となります。近年では、Dark Reading's Best of Black Hat 2016において、"Most Innovative Emerging Company"に選出されており、また、2015年のAmerican Business Awardsにおいては、"Gold Award winner for Tech Startup of 2015"としても選出されております。なお、Vectra Networks社への投資家は、主に、Khosla Ventures、Accel Partners、IA Ventures、AME Cloud Ventures and DAG Venturesなどが含まれており、本社は、米国カリフォルニア州サンノゼにあり、スイスのチューリッヒには欧州地域本部もあります。より詳細な情報は、下記リンクよりご参照いただくことが可能です。
http://www.vectranetworks.com/

お問い合わせ先

製品に関するお問い合わせ先
日商エレクトロニクス株式会社
ネットワーク&セキュリティ事業本部
セキュリティ事業部 牧島
TEL: 03-6272-3122
E-mail: vectra@nissho-ele.co.jp
お知らせに関するお問い合わせ先
日商エレクトロニクス株式会社
ビジネスサポート部 広報担当 田中
TEL: 03-6272-5014
E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp

関連情報