Network
Google,Verizon,GAPなどのリーディングカンパニーがネットワークを構築する際のポイントは?

日商エレクトロニクスブースじゃないと見ることができないこと

頻発する3つの課題

予想できないトラフィック需要に対し、最適なWAN基盤をつくるには?

DC拠点増加に伴うネットワークの複雑化やトラフィック増大に絡む基盤強化の必要性はサービスプロバ イダにとって重大な課題。Googleを含むメガコンテンツプロバイダやVerizon等のキャリアの取組みは?

今後、積極的な事業投資はクラウドの上。限られたリソースで効率的なDC構築や運用を行うには?

膨大なDC内あるいはDC間トラフィックを処理する上で、WebScale型の環境設計と構築は必須。メガコンテンツプロバイダの取り組みは?ネットワークも含めたシンプルな設計・導入の手法は?

クラウド活用に伴い複雑化するエンタープライズWAN。エンタープライズWANのあるべき姿は?

WANコスト低減のみならず現地作業の簡素化や一元的なネットワーク管理は必須。GAPを含む企業がハイブリットWANソリューションを導入した背景とその効果は?

ステージ
Google,Verizon,GAPなどのリーディングカンパニーがネットワークを構築する際のポイントは?

8日(水)15:00〜
9日(木)11:30〜
10日(金)12:30〜


第三のプラットフォームを活用したビジネスモデルが加速化するといわれるこれからの時代、ネットワーク基盤は大きな変化を遂げることが予想されます。
GoogleやFacebookのデータセンタ環境、Fortune 500等の大企業が取り組むエンタープライズネットワーク環境構築などの動きからみるネットワークならびにSoftware-Defined Infrastructure分野における注目すべきトレンドをご紹介します。

100Gを繋ぐ ハイパフォーマンスネットワークを実現する製品展示

WAN製品 Juniper MXシリーズ

3Dユニバーサル・エッジルーター「MXシリーズ」用にリリースされた新型ラインカードをご紹介します。プログラマブルなTrioシリコンを基盤とした新ラインカード「MPC7」、「MPC8」、「MPC9」は、高密度のネットワーク接続性と優れた帯域幅、サブスクライバ、サービス拡張性を提供します。400GbE対応の「MPC9」は、業界をリードする1.6TbpsのスループットによりフラッグシップルーターとなるMX2020のスループットを32Tbpsまで拡張することにより、200万件を超える4K映像の同時配信に対応します。「MPC7」は、ハイエンドルーターMX240/MX480/MX960のパフォーマンスとポート密度を倍増させ、優れた投資保護をもたらします。

ステージ
(仮)次世代ネットワークOS JUNOS の未来像

8日(水)15:30~
9日(木)15:30~
10日(金)15:30~


設立20周年を迎えるジュニパーネットワークス。競争の激しいシリコンバレーで何故生き残ることができたのか―。
厳しい要件を求められながらも、需要は伸びる一方。今やかかせない、インフラとしてのネットワーク。なぜ、これだけミッションクリティカルな世の中を生き延びてきることができたのか?
その要となる「Junos OS」 の戦略をご紹介します。


データセンター向けファブリックスイッチ製品 Juniper QFXシリーズ

QFXシリーズは、10G・40G・100Gラインナップを中心としたデータセンター向けファブリック L2/L3スイッチです。
サービスプロバイダーで深く実績のあるルーター製品と同じ「Junos OS」を搭載しキャリアグレードの高い信頼性を提供するとともに、昨今のデータセンタートレンドに寄り添った実用的な製品ラインナップとネットワークアーキテクチャを提供しています。

ステージ
(仮)次世代ネットワークOS JUNOS の未来像

8日(水)15:30~
9日(木)15:30~
10日(金)15:30~


設立20周年を迎えるジュニパーネットワークス。競争の激しいシリコンバレーで何故生き残ることができたのか―。
厳しい要件を求められながらも、需要は伸びる一方。今やかかせない、インフラとしてのネットワーク。なぜ、これだけミッションクリティカルな世の中を生き延びてきることができたのか?
その要となる「Junos OS」 の戦略をご紹介します。

関連資料
ジュニパーネットワークス QFX10000製品紹介資料

100GEポート業界最高密度を搭載したスイッチ製品です。一台の筐体内で10GbE、40GbE、100GbEポートをフレキシブルに選択できるユニークな仕様を採用しています。ビジネス成長に合わせて必要なポート要件へのアップグレードをシームレスに行うことができるため、導入後も長期的な投資効果を期待できます。

ダウンロード >


Juniper vMX

サービスプロバイダーネットワークに適したキャリアグレードの革新的なバーチャルルーティングプラットフォームです。vMXは、x86サーバー上でソフトウエアとして実行するために最適化されており、物理MXルーターで提供されるルーティング機能を仮想環境上で利用できるようになります。出荷が開始から1年を迎えますます進化を続けるvMX。弊社ブースでは、最新バージョンでサポートされた新機能に加え、様々なユースケースをご紹介いたします。

ステージ
(仮)次世代ネットワークOS JUNOS の未来像

8日(水)15:30~
9日(木)15:30~
10日(金)15:30~


設立20周年を迎えるジュニパーネットワークス。競争の激しいシリコンバレーで何故生き残ることができたのか―。
厳しい要件を求められながらも、需要は伸びる一方。今やかかせない、インフラとしてのネットワーク。なぜ、これだけミッションクリティカルな世の中を生き延びてきることができたのか?
その要となる「Junos OS」 の戦略をご紹介します。

関連資料
x86環境で使えるキャリアグレードの仮想ルーターでイノベーション実現

新サービスの迅速な展開、多様化する顧客ニーズへの対応、コスト削減……。通信事業者などのサービスプロバイダーが直面する数多くの課題を解決に導くのが、仮想ルーター「vMX」だ。日商エレクトロニクスは、仮想ルーターを初めて導入する事業者向けに「POCパッケージ」も用意し、仮想ルーターによるサービス革新を支援しています。

ダウンロード >


Infinera

Cloud Xpressは2RUのコンパクトなサイズでありながら、Infineraの独自技術であるPIC(光集積回路)を使うことで500Gという大容量、高密度を実現したボックス型のWDMです。
トラフィックが増えるデータセンター間の通信は運用が煩雑なダークファイバーを複数本使用し対応しているケースが一般的ですが、Infinera Cloud Xpressを使用することで、必要ファイバー数を減らし、運用コストを削減することが可能です。回線追加も容易で、特別なWDM運用担当者は必要ありません。

ステージ
Infinera's most efficient Metro WDM solution

8日(水)11:30~
9日(木)15:00~
10日(金)15:00~


Infinera社のメトロWDMソリューションについてご紹介いたします。

関連資料
Cloud Xpress

Infinera Cloud Xpressは2RUのコンパクトなサイズでありながら、Infineraの独自技術であるPIC(光集積回路)を使うことで500Gという大容量、高密度を実現したボックス型のWDMです。トラフィックが増えるデータセンター間の通信に最適なソリューションです。

ダウンロード >


Viptela

当社はViptela,Inc.と国内初の代理店契約を締結しています。ハイブリッドWAN(SD-WAN)は導入検証が進み、もう「時期尚早」とは言ってられません。拠点間IP-VPN運用を簡単でセキュアに実現する「Viptela」をご紹介いたします。インターネット越しにViptela専用機器「vEdge」を接続するだけで(ゼロタッチプロビジョニング)、セキュアでフルメッシュのIP-VPNを確立します。暗号化キーの手動設定(IKEの設定)も必要ありません。管理者はクラウド「Viptela Cloud」からVPNポリシーの一括管理/制御を行うのみです。拠点を多く持つエンタープライズの運用工数を削減し、WANを進化させます。

ステージ
ハイブリッドWAN(SD-WAN)「Viptela」

8日(水)12:30~
9日(木)12:30~
10日(金)11:30~


「回線費用がかかり、運用管理が面倒でなかなか変更できない」──。そうした社内WANに関する悩みを解消する新製品が、日商エレクトロニクスのハイブリッドWAN「Viptela」です。拠点間通信のコスト効率と柔軟性を飛躍的に高めることで、ビジネス上の要件に即応できるWANを実現。最新情報とともに紹介いたします。

ViptelaのSD-WAN技術でWANの悩みを解決!

8日(水)16:30~
9日(木)16:30~
10日(金)16:30~


クラウドの利用が当たり前となりつつある今日、WANにはセキュリティや品質の向上、複雑化する設定など、さまざまな課題があります。これらの問題を解決するソリューションとして近年「SD-WAN」という技術が注目を集めており、Viptelaはこの分野におけるリーディング・カンパニーです。本セッションではViptelaのSD-WANソリューションで今日のWANが抱える課題をどのように解決することができるのかについて簡単にご紹介をいたします。 スクリーン リーダーのサポートを有効にするには、ショートカット Ctrl+Alt+Z. を押します。キーボード ショートカットの詳細については、ショートカット Ctrl+スラッシュ. を押します。

関連資料
拠点網を変革するハイブリッドWANとは

「回線費用がかかり、運用管理が面倒でなかなか変更できない」──。 そうした社内WANに関する悩みを解消する新製品が、ハイブリッドWAN「Viptela」だ。拠点間通信のコスト効率と柔軟性を飛躍的に高めることで、ビジネス上の要件に即応できるWANを実現。同時に、コスト削減にも貢献する。

ダウンロード >

注目集めるSD-WANの導入検証が急増中

本社・拠点をつなぐWANのコストを最適化し、柔軟かつ低負荷な運用を実現するSD-WAN。日本国内では提供が始まったばかりで商用導入は“時期尚早”と見る企業ユーザーも少なくなかったが、実態は違う。日商エレクトロニクスが販売する「Viptela」の導入に向けて検証を始める企業が続々と表れている。

ダウンロード >


Brocade x Nutanix

Openstackを活用し、運用自動化可能なプライベートクラウド基盤構築を目指します。NeutronとBrocade製品(VDX、vRouter、vTM)連携によるネットワークサービスの自動化に加え、CinderとNutanix製品連携によりストレージサービスを自動化します。ネットワークからコンピューティング基盤まで、また物理、仮想関係なくOpenStackより一元的に制御することにより、オペレーションコストの削減が可能です。また、OpenStackを構成するNW Node、CP Node、CTRL NodeおよびBrocade NFVをNutanix上で共用化することで、Capexの削減効果も望め、VPNaaSを活用したAWSなどの外部クラウド連携により、ハイブリッドクラウド化への道も開けます。

ステージ
あんなこといいな できたらいいな♪ どこでも自動化~

8日(水)14:00~
9日(木)14:00~
10日(金)14:00~


サービスダイレクター連携による使った分だけ課金のLBaaSや、OpenStack TackerによるVNFのオーケストレーション。
さらにはコンテナ基盤としても注目のベアメタルサーバ向け仮想ネットワークや、vRouterによるVPNaaS/FWaaSなどなど。
ファブリックを基盤とした仮想インフラ上で繰り広げられる、アプリケーションからWAN/CPE、そしてデータセンター運用 までを網羅した夢のようなブロケード流「自動化」とは? さて、いかに!

Nutanix にベストマッチなシンプルなネットワーク

8日(水)16:00~
9日(木)16:00~
10日(金)16:00~


IT インフラがますますシンプルになっていく流れにのって、ハイパーコンバージドインフラが注目を集めています。
ハイパーコンバージドインフラの代表格である Nutanix と、シンプルを追求するブロケードのネットワークNutanixの相性の良さをご紹介。さらにはNutanixとブロケード製品を組み合わせたベネフィットをお伝えします。

関連資料
Nutanix + BROCADE

サービス提供の迅速化、統合管理、初期投資やランニングコストの削減を実現するために、サーバー・ストレージと同様に、ネットワークの世界でも仮想化技術が進んでいます。当社では、通信事業者向けのネットワーク事業で得た実績やノウハウを「Nutanix + Brocade」に融合しました。サーバー仮想化とストレージ仮想化にネットワーク仮想化を加えた、データセンター全体を仮想化しTCO削減を実現するソリューションです。

ダウンロード >

お問い合わせ先

日商エレクトロニクス株式会社 イベント事務局
03-6272-5940 (10:00-17:00 土日・祝日を除く)
ne-promo@nissho-ele.co.jp

©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION All Rights Reserved.