日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ワークスタイル改革

お客様の業務改善を支援する
「ワークスタイル改革」

生産性向上・価値創造・人材戦略などさまざまな要素からワークスタイル改革の必要性が高まる中、その改革プロジェクトの進め方を悩まれている企業も多いと思います。ワークスタイル改革を推し進めるには、「人事制度・ルールの策定・改訂」「ICTの活用」「改革の必要性と効果の可視化」の3つが必要不可欠な要素になります。弊社のワークスタイル改革支援は、自社に導入・活用してきた知見に基づき、3つの不可欠な要素をまたいだ真の価値を提案することで、 お客様の改革プロジェクトを強力にご支援させて頂きます。

関連コラム

「当社における「ワークスタイル改革」」とは

当社はいち早くVDIに注目し、従業員のモバイル環境における業務改善するために、2010年に自社導入を行い、今では全従業員がVDI環境を持って業務を行っております。また、2012年度からは本社移転と合わせてBYODも導入しており、好きなデバイスでいつでもどこでもセキュアに仕事が出来るモバイルワークスペースを実現しています。

これら自社事例として蓄積した技術力や導入ノウハウがお客様に経験価値として提供出来る事から、VDIを中心とした社員の生産性向上を実現するビジネスモデルを「働き方革命」として、当社におけるクライアントコンピューティング事業において、戦略イニシアチブの1つとして位置づけております。

「当社における「ワークスタイル改革」」とは

関連情報

ソリューション

日商エレクトロニクスでは、お客様がワークスタイル変革を実現するためにデスクトップ仮想化(VDI)を中心に4つのソリューションを展開しております。

デスクトップ仮想化(VDI)

当社のワークスタイル改革の中心となるクライアントコンピューティング基盤で、仮想デスクトップやアプリケーションをあらゆるデバイスから単一のプラトフォームとして提供し、運用コスト削減や従業員の生産性向上に寄与します。

モバイルワークスペース

OSや端末に依存せず、いつでもどこでも業務に必要なアプリケーション、データ、サービスに対して、セキュアにアクセス出来るようにする総合的なプラットフォームです。セキュリティを確保しつつも、ユーザインターフェイスは端末に応じて最適化され、従業員にとってワークスペースの制約がなくなり、より効率的に業務を行う事が可能になります。

VDIモニタリング管理

VDI導入から運用までをスムーズに完了させるためには、事前に仮想デスクトップのサイジングが最適に行われている必要があります。物理PCの利用環境のアセスメントサービスを通じて、最適なVDI環境の構築を支援し、導入後のモニタリング手法やトラブルシュートの対応策までを一貫して支援致します。

VDIマイグレーション

VDI導入において、最も工数のかかるWindowsOS環境のユーザプロファイルとクライアントデータの移行作業を自動化する作業をツールおよび当社のノウハウにより、迅速な移行作業を可能にします。

Focus Area