Innovation Leading Company

RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019

2019年12月9日(月)「RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019」が東京国際フォーラムにて開催されます。

今回のテーマは、
「RPAの先にある“取り組むべきデジタライゼーション”
    ~2020年、企業のDXを加速させるために今やらなくてはいけないこと~」

日商エレクトロニクスでは、本イベントに協賛し展示・デモンストレーションセミナーおよび講演にて出展させていただきます。

ご来場の際には、ぜひ日商エレクトロニクスブースにお立ち寄りください!

開催概要

展示会名 RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019
日時 2019年12月9日(月)9:00-17:00(8:15受付開始)
※展示は18:30までとなっております
場所 東京国際フォーラム ホールE
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
アクセス
主催 RPA総合プラットフォーム「RPA BANK」(株式会社セグメント)
公式サイト RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019
入場料 無料(事前申し込みが必要です)
お申し込みはこちら
フライヤー ダウンロードはこちら
出展内容 ■展示ブース(ブース29)
「BluePrism」&「ABBYY」の特長と最新の取組事例を中心にご紹介いたします。
また、50台、100台規模で稼働中のRPAロボットを効率的に運用管理できるクラウドサービス「Digital Labor Station」(DLS)も出展いたします。

■デモンストレーションセミナー(デモンストレーションセミナーF)
親会社の双日や他の導入企業様、並びに当社での「BluePrism」と「ABBYY」によるRPA&AIOCR連携の構築実績をベースに、それぞれの製品の特長をわかりやすく、実際に目に見える形で、デモンストレーションを実施いたします。

■講演(ブレイクアウトセッションD(14:20~15:00))
RPA製品は機能も大事ですが、相性も重要です。本セッションでは、RPAのグローバルマーケットでリーダーとされるBlue Prism、UiPath、Automation Anywhereについて、各製品の特長を分かりやすくご紹介いたします。
当社所属RPAエンジニアのリアルで偏りある感想と共にご体験ください。

関連情報