Innovation Leading Company

Open Developers Conference 2017 Tokyo

開催概要

オープンデベロッパーズカンファレンス

8月19日(土)~20日(日)に日本工学院専門学校にて開催される「Open Developers Conference」のセミナーに登壇します※。
日商エレクトロニクスは、8月19日(土)にシェア8割を超えるDevOps & クラウド運用の定番であるフルスタックのクラウド監視・分析プラットフォームNew Relic を展示します。8月19日(土)16:00よりセミナーに登壇しますので、マイクロサービス等に関心をお持ちの方はぜひご来場ください。

※当社の展示・セミナー登壇は8月19日(土)のみとなります



日時

2017年8月19日(土)~8月20日(日)10:00~18:00

(展示は10:00~16:30)

※当社の展示・セミナー登壇は8月19日(土)のみです

場所

日本工学院専門学校
〒144-8655 東京都大田区西蒲田5-23-22

アクセス

セミナー

【日時】
2017年8月19日(土)16:00~16:45

【タイトル】
マイクロサービスによるアプリ開発と分散トレーシング

New Relic APMの活用について

【講師】
日商エレクトロニクス株式会社 市来 裕教

【概要】
モノリシック システムでは、すべてのモジュールが1つのプロセスの中にあり、ログやエラー、その他の診断情報を容易にトレースし分析することができます。マイクロサービスでは、モノリシック システムで役立っていた従来のアプローチが使えません。リクエストが複数のサービスにまたがって処理されるため、そのリクエストに関連する全てのサービスを特定し、リクエストの処理全体を追跡することが困難になります。
マイクロサービス間のリクエストを追跡するためにZipkinやOpenTracingといった分散トレーシングシステムが登場していますが、オルタネイティブな手法としてAPMの活用があります。分散トレーシングにAPMを活用するメリットや課題について、APMの定番ツールであるNew Relicをベースに解説します。

New Relicの詳しい情報はこちら

※セミナー内容は変更になる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
参加費 無料(事前登録制)
お申込み お申込みはこちらからお願いします
主催 オープンデベロッパーズカンファレンス実行委員会

お申し込みいただいた情報に関して

お申し込みいただいたお客さまの個人情報は、当社で利用させていただきます。
本イベントに関するご連絡のほか、当社がご提供する商品・サービス・キャンペーン・イベントなど各種情報のご連絡に利用させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

関連情報

  • 日商エレクトロニクスイベント事務局
  • TEL:03-6272-5941
  • 受付時間:10:00~17:00(土・日・祝日を除く)