日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ヤフー株式会社様

Nutanix導入事例

企業名:ヤフー株式会社様

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、「Yahoo! JAPAN」サービス への登録申請の審査系業務で利用するPCのマルウエア感染 リスクを低減させるため、仮想デスクトップ(VDI)環境を導入 した。選ばれたプラットフォームは、仮想化基盤アプライアンス 「Nutanix Virtual Computing Platform(以下、Nutanix)」。 「爆速経営」のヤフーが実践したVDIのスピード導入を紹介する。

ユーザープロフィール

Yahoo_top_img

企業名:ヤフー株式会社様
http://www.yahoo.co.jp/
所在地:東京都港区
事業内容:インターネット上の広告事業、eコマース事業、会員サービス事業、その他事業

写真右から
ヤフー株式会社
システム統括本部 情報システム本部 IT企画リーダー 清宮 寛司氏
システム統括本部 情報システム本部開発3部 ITインフラ1部 兼
開発1部統合コミュニケーション 小西 亨 氏


ヤフーの事業概要

清宮氏

「マルウエアから業務PCを
守るためVDI導入を
決断しました」
ヤフー株式会社
清宮 寛司氏

吹き出し最近の事業活動についてお聞かせください。

【清宮氏】スマートフォンの急速な普及などインターネット利用環境が劇的に変化する中、ヤフーでは全組織が一丸となって環境変化にスピーディーに対応する「爆速経営」を実践しています。 リーンスタートアップ手法や少人数チームによる競争環境の導入によってサービス開発のスピードが加速し、スマートデバイス向け市場やeコマースをリードする革新的なサービスが次々と誕生しています。
「爆速」の実現にあたっては私たち情報システム本部も重要な役割を担っています。 ヤフー本社とグループ企業に対して業務システムやPC、スマートデバイスといった端末の提供、運用管理を一括してサポートし、社員の業務スピードの向上に貢献しています。 一人ひとりの社員が効率よく便利にそして安全に使えるIT基盤をスピーディーに提供することが私たちの使命だと考えています。

VDI導入の背景

小西氏

「Nutanixがスピーディーな
VDI導入を可能に
してくれました」
ヤフー株式会社
小西 亨 氏

吹き出しVDI導入によって解決しようとした業務課題とは?

【清宮氏】対象となったのは、「Yahoo! JAPAN」サービスへの登録申請をしたお客様サイトの審査業務と、登録済みサイトを定期的に巡回するサイトパトロール業務です。 これらの業務では次のような問題が生じていました。 ひとつはマルウエア感染のリスクです。国内最大級のインターネット情報サイトを運営するヤフーは常にサイバーテロの標的となっています。 審査やパトロールで訪れる外部サイトにヤフーを狙ったマルウエアが埋め込まれていることも少なくありません。 実際、これらの業務ではマルウエア感染率が一般PCに比べて明らかに高く、セキュリティ上見過ごせない状態でした。 もうひとつは生産性への影響です。 マルウエアに感染したPCは社内セキュリティガイドラインに従って没収され代替機が支給されますが、ソフトウエアのインストール、設定を経て業務を再開するまでに数時間を要し、業務効率の低下を招いていたのです。 これらを解決する手段として私たちが注目したのがVDIです。 VDI環境ならマルウエアに感染した仮想デスクトップを即座にリセットし、感染前の仮想デスクトップイメージに戻すことで安全を確保しながら、瞬時に業務が再開できるのです。

このケーススタディの続きを見る

続きをご覧いただくには、簡単なお客様情報を登録をお願いしています。

関連情報