日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

制御機器/RFIDご利用企業様

Campus Advanced Series導入例

ICタグ、ICカードなどのリーダー/ライター装置、製造機器のPLC、シーケンサーなどの制御機器のインフラ装置、工場内の遠隔監視システムなどの製造分野でxDSL構内モデムが利用されています。

背景

電気機器、食品、医療品などの製造現場では、さまざまな生産設備やセンサーなどを相互接続し、製造・生産管理の効率化を実現しています。また、SuicaやEdyをはじめとするICカード、ICタグが鉄道エリア、空港エリア、ショッピングセンターなどに数多く導入されています。

しかし、それらのキャンパスエリアは1kmを超える敷地となることが多く、LAN敷設コストが高くなりがちです。xDSL構内モデムを導入すれば、敷地の広いキャンパスエリアでも低価格かつ容易にネットワークを構築できます。

適用メリット

低価格

既存に敷設されているメタル線(電話線)を用いることで、新たに光ファイバーを敷設する場合に比べて格段に安いコストで長距離高速通信ネットワークを構築できます。

UTPの配線制限(100m)を越える長距離接続が可能

xDSL構内モデムでは0.9mm径回線で25kmまでの長距離接続が可能なため、1kmを超える広い敷地のネットワーク構築にも対応できます。

安定した通信

通常のイーサネットなどに比べて非常に低い周波数帯域を使うので、ノイズに強く安定した通信が実現できます。すでに500を超える工場で導入実績があります。

セキュリティの確保が容易

xDSL構内モデムでは、既存のLANシステムから完全に独立した専用ネットワークを容易に構築できます。専用ネットワークであるため、ICカードなど個人情報が含まれたデータ通信、PLC、シーケンサー、各種センサーなどの企業機密データを扱う上でも、情報漏えいに強く安全なネットワークを確保できます。

適用アプリケーション例

  • 各種製造ラインシステムの制御インフラ
  • ICカード、ICタグのリーダー/ライターの相互接続インフラ
  • 電源などの各種計測機器のインフラ
  • 工程管理システム
  • 遠隔監視システム

ネットワーク構成例

制御機器の接続

Campus: 制御機器の接続

RFID装置の接続

Campus: RFID装置の接続

関連情報