Innovation Leading Company

宮古テレビ株式会社様(沖縄県多良間村様)

多良間島内の公共施設やビーチの監視カメラと
Wi-Fi スポットなどの無線ネットワークを
長距離無線 Airmux-5000で実現

企業名:宮古テレビ株式会社様

多良間村では防災放送システムの整備を進めており、エフエムみやこのコミュニティFM放送
を利用した防災行政FM告知放送システムなどと同時に、2015年より4.9/5GHz帯を使用した
防災モバイルICTシステムを導入しています。
4.9/5GHz帯無線の『Airmux-5000』は、防災モバイルICTシステムの
メインアプリケーションである公共施設やビーチの監視カメラ、Wi-Fiスポット等の
無線IPネットワ-クのバックボーンとして導入されています。


多良間島内防災ICTシステム概要


多良間島は宮古列島の南西端に位置し、東方にある宮古島との距離は約67km、西方にある石垣島との距離は約35kmになります。

東西約6km・南北約4.3kmのほぼ楕円形をした島で、面積は約19.75km²で、山や河川はなく平坦な地形の島です。

四方を美しいさんご礁に囲まれ、島内はのどかなサトウキビ畑が一面に広がる自然豊かで風光明媚な土地です。



多良間村では防災放送システムの整備を進めており、エフエムみやこのコミュニティFM放送を利用した防災行政FM告知放送システムなどと同時に、2015年より4.9/5GHz帯を使用した防災モバイルICTシステムを導入しています。

4.9/5GHz帯無線の『Airmux-5000』は、防災モバイルICTシステムのメインアプリケーションである公共施設やビーチの監視カメラ、Wi-Fiスポット等の無線IPネットワ-クのバックボーンとして導入されています。


多良間コミュニティセンターを中心に、水納島、空港、港、学校等公共施設を無線で接続しています。ネットワークカメラによる災害時の映像伝送や、Wi-Fiによる住民と観光客への情報提供用インフラとして活用されています。








選定ポイント

4.9/5GHz帯は登録制のため混信のリスクがほとんどなく、安定した通信が可能です。また、雨などによる減衰も少なく、悪天候時でも平常時と同じような運用が可能になります。

多良間島内だけでなく、約8km離れた水納島のWi-Fiスポットもネットワークにつなぐ必要がありましたが、最大20km程度まで通信可能なAirmux-5000であれば問題なく接続が可能でした。

カメラの映像伝送のためには最低でも2~5Mbpsの通信が必要ですが、1台の基地局で合計250Mbpsの通信が実現できるAirmux-5000で、十分な通信帯域を確保でき、カメラ画像の伝送に最適です。









Airmux TOPページへリンク

このケーススタディの続きを見る

続きをご覧いただくには、簡単なお客様情報を登録をお願いしています。

関連情報