日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

相性30%かも

デスクトップ仮想化との相性は30%?!!

デスクトップ仮想化の投資対効果を向上させるには、投資をおさえつつ効果を最大化することが必要です。しかし現状のままでは、デスクトップ仮想化を導入して得られる効果が限定的になります。

物理PCのリプレースと単純に比較すると、仮想デスクトップ仮想化の初年度の投資額は高額となるため、そのメリット・デメリットを正しく理解したうえで活用方法を検討しなくてはいけません。単年スパンではなく複数年スパンで効果を最大化するというROI試算も必要となってきます。また失敗しない仮想デスクトップ環境を構築・運用するためにはデスクトップ仮想化だけに着目するのではなく、基盤をどのように設計するのかも同時に検討する必要があります。

このまま導入検討を進めるのではなく、いま一度デスクトップ仮想化のメリット・デメリットを整理し、最適な使い方を検討されることを推奨いたします。

下記の関連情報を参照頂き、ご検討をすすめてください。相談したいことや不明点などあれば、遠慮なくお問合せくださいませ。

関連情報