日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

相性80%

デスクトップ仮想化との相性は80%!!

デスクトップ仮想化について理解をされ、メリット・デメリットについても整理がついているようです。業務の利便性向上やセキュリティリスクの低減、IT部門の運用工数削減など、デスクトップ仮想化の導入で高い効果が期待できます!

一方、デスクトップ仮想化の運用について検討はされているでしょうか?デスクトップ仮想化を導入したあと、期待していたパフォーマンスが出なくなるなど、運用における課題も多いという事実があります。従業員が満足するデスクトップ仮想化環境を提供するには、導入時だけではなく導入後の運用も見越した設計が大切となります。

デスクトップ仮想化はデスクトップという特性上、システム停止の許されない、SLAの高いシステムであることは言うまでもありません。安定したパフォーマンスを提供しつづけるためにも、デスクトップ仮想化を稼働させる基盤についても繊細な設計と製品選定が重要です

引き続き、デスクトップ仮想化製品を検討いただくとともに、そのIT基盤選定に向けて関連情報も是非ご参照ください!!

関連情報